スティーヴ・チャンドラー著『自分を変える89の方法』を読んでガツンときたこと(書評 レビュー)

 
最高の人生を送っていますか?
自分を変えることで、もっと幸せになれるとしたらどうしますか?

R0013500

どうもtetsuzo(@tetsuzo_life)です!

スティーヴ・チャンドラー著の『自分を変える89の方法』を読みました。

以下ご紹介です。

購入の動機は?

最期の日に「俺の人生最高だった!」と言っちゃうために購入。

人生を最高のものとするためには自分自身をより良い方向に変えていく必要があるはず。
でも何を変えるべきなのかはよくわからない。
そんな疑問が解消できるのではないかと思い購入。

ガツンときたのは?

幸せになれることを探し続ける

私は答えを見つけるまでに、本当に長い年月をかけてしまった。
しかしどんな質問でも、問い続ければ、いつか必ず答えを見つけることができる。
(中略)
「私を幸せにするものは何か?」という質問を何週間も自分に問い続け、そして私の頭に浮かんだのは、この10年前のできごとだった。
(P122~123)

「私を幸せにするものは何か?」
深い質問です。
本気でこれを考えたことがある人は意外に少ないかも。
この本を読んでからずっと問い続けていますが、まだ明確な解は得られていません。
「○○を手に入れる」とか「××をする」とかいう欲求よりも、「健康である」とかいった当たり前なことが答えなのかもしれません。

その他、ポイントはマインドマップにまとめました。

自分を変える89の方法

※本マインドマップは僕の主観でまとめたものであり、本書籍の要点全てを網羅するものではありません。

この本を読んでやってみたくなったことは?

  • 「私を幸せにするものは何か?」と自分に問う
  • 物事をプラスの方向に考える

どんな人にオススメ?

  • 最高の人生を送りたいけど、何して良いのか分からない方
  • ネガティブ思考の方

あとがき

一度読んで終わりではなく読み返すたびに得るものがある、そんな本です。

ご興味のある方はこちらからどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする