ウォーターマン(WATERMAN) ブルーブラックの正しい楽しみ方

 
ブルーブラックの本当の色を知りたければちょっと待ってみて!マジで!

th_R0014415.jpg

どうも!tetsuzo(@tetsuzo_life)です。

僕のお気に入りのインク、ウォーターマンのブルーブラック。
以前にこちらで紹介しました。

ウォーターマン(WATERMAN) ブルーブラックが美しすぎる件

ウォーターマン(WATERMAN) ブルーブラックはやはり美しかった

今回はブルーブラックの正しい楽しみ方(なんじゃそりゃ)をご紹介します。

ブルーブラックの美しさは書いた直後には楽しめない

インクの中には、書いた直後と乾いてからで色味が異なるものがあります。
また、逆に書いた直後から色がほとんど変わらないインクもあります。
ウォーターマンのブルーブラックは前者です。
ブルーブラックが最も美しいのは、インクが紙にしっかりと染み込んでからです。

書いた直後

少しブルーが強い印象。
この時点ではインクがまだ紙の上に乗っかっている状態です。

Th R0014406

ちょっとだけ置いてみる

インクが紙に馴染み、ブルーブラックらしくなってきました。

Th R0014407

さらにもうちょっと待ってみる

ブルーブラックとして最高の発色となります。
この濃淡最高です。クーっ!(≧▽≦)
書いた直後ではこの美しさは味わえませんぜ!

Th R0014408

まとめ

試し書きなどの際には、ぜひインクが乾くのをゆったりと待ってみてください。
至極のひとときをご堪能あれw

あとがき

中学生の頃、初めて自分の万年筆を手にしたときに使っていたのがブルーブラックでした。
この色で文字を書くたびに、当時の「ちょっと大人ぶった感覚」がよみがえってきますw
ブルーブラックが好きな理由の一つです。

 

ウォーターマンのブルーブラックに興味のある方はこちらからどうぞ。