そろそろ理想のボールペンについて語っておくか

こんなボールペンか最高なんだっ!

どうも!tetsuzo(@tetsuzo_life)です!

「最高」の定義は人それぞれ。
僕の最高はこうだー!

最高のボールペンの条件

ボテがない

前にもこちらで書きました。
ボールペンがボテ系か、この方法で確認せよ!

ボテるペンは無条件に除外です。
どんなにカッコよくても、高くても、書き心地が良くても、ボテペンは我慢ならんのです。

青のインクがキレイ

普段使いのインクはブルーです。
ただただ鮮やかなのもチープな感じ。
でも暗いブルーだとパッと見の印象がさえない感じ。
一言にブルーと言ってもいろいろです。
派手過ぎずくくすんでいない上品なブルーが好きです。

コッテリした書き味

軽い書き味を売りにしているペンもありますが、僕の好みは粘度の高いインク。
若干重い書き味というくらいがちょうど良い。
自分の感覚より早く書こうと思えば書けてしまうペンは「書かされてる」感が生まれてしまうので好みません。
コッテリ系はたくさん書くにはあまり向いていないですけどね〜

書き出しでかすれない

最初の書き出しでインクの出が悪く、書けない、もしくは書けてもかすれるという現象にあいます。
コッテリ系にある傾向なので、どこまで妥協できるかというところです。

油性

水性は裏抜けやにじみがあるので使いません。
乾燥も考慮しなければいけないのが、ボールペンとして許せないのです。

所有、使うことに喜びを感じる

これはブランドや値段の問題ではなく、自分が本当に気に入っているかどうか。
安くても書いてて「最高!」と思えればそれで良し。

裏抜けしない

紙の質によるところもありますが、裏抜けするインクがあります。
粘度の低い水性に多いですが、油性でも抜ける時は抜けます。

たとえばどんなペンが最高なのか

僕がこれまで使った中で最高といえるペンは以下です。

CROSS センチュリー

上で挙げたどの条件もクリアする最高のボールペン!
だったのですが、残念ながらここ最近のリフィルはイマイチ。
生産国が変わったのにともない、品質も変わってしまったようです。
残念。。

LAMY 2000ボールペン

書き出して若干かすれが起きやすいことを除けば満点。
存在感もバッチリで、使って楽しい1本です。

パーカー ジョッター

いつまでも飽きのこないデザイン。
味のあるノックの感触。
最上と言っても良いくらいなのですが、残念ながら若干ボテることがあるんです。

カランダッシュ 849

全くボテらずコッテリした書き味は文句無し。
色のバリエーションが豊富。限定カラーなどもありコレクションにも向いています。
ただ一点、ブルーのインクにもうちょっとだけ鮮やかさがあればなぁ。

以上が僕の好きなボールペンでした。
完全主観ですww

まとめ

理想のペンはパートナーとの出会いのようでもあります。
文句無しのようであっても傷つきやすかったり、見た目は良くても相性悪かったり。
皆さんは最高のパートナーをもう見つけましたか?

僕が最高と思ったボールペン達。
ご興味あればこちらからどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする