万年筆 洗浄祭り

 

洗いまくりっ

Wash

Photo: undefined by Davidag

どうもtetsuzo(@tetsuzo_life)です!

いつの間にかインク切れとなってしまったペンが、気がついたらたくさん。
正月休みで時間もあるので一気に洗浄。

洗い方

手順はいつものとおり。

  1. 流水で洗う
  2. 水に浸ける
  3. 水に色が付かなくなるまで、半日ほど毎に水を交換
  4. ブンブン振って水分を切る
  5. 自然乾燥

洗浄

過去に洗浄で「メッキが剥がれる問題」が発生したことがあるが、今回は鉄ペンのサファリがほとんどなので大丈夫かな。
唯一心配なのはカスタム74のミュージックか。

まず1本目。サファリのアクアマリン。
ニブはB。インクはペリカンのターコイズ。
ペン先、コンバータとも結構インクが固まっていたようで、浸け置きの水に色が付かなくなるまで3日かかりました。
#写真撮り忘れた。。

2本目もサファリ。
Washing safari

ブラック。ニブはF。
インクは色彩雫の竹林。
ペン先よりコンバータの接続部分のインクがなかなか落ちないです。

3本目はカスタム74。
Washing century

色彩雫を入れていました。
こちらはサファリより素直でw、1日ほどで水あげ。

4本目、5本目もLAMY サファリ。

Washing safaris

フレイムとグリーン。
色色彩は干上がった状態からでも、インクは溶けやすいのかも。
センチュリーと同じく、1日程度で洗浄は完了。

さて、これで洗浄は終了。
お疲れさまです。

2017年もいろいろなインクを楽しみたいと思います。
ではでは。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする